女性に安心感を与えてセックスの感度を上げる4つの方法

WCZBVEEQKC

こんにちは、たかひろです。このブログやプライベートで、100人以上の女性とのセックスを重ねて来て思ったこと。それは女性の感度を高めるには「単純な興奮」だけではなく「安心感」が必要だということです。

「愛されている感じがすれば、別に中でイケなくてもいい」という女性は少なくありません。イク・イカないに極端にこだわる男性と違って、女性の場合は「心の満足度」を重視する傾向があります。

ただ、この安心感の与え方というのは一見フワフワした考えにも思えます。どんな男性にも出来ることではなさそうな雰囲気があります。しかし、実際はいくつかの簡単な方法に落とし込むことが出来ますし、そんなに難しいことではありません。

今回の記事では、単純じゃないセックスのテクニックを、単純なテクニックに落とし込んでいきます。方向性としては、「肉体的なアプローチ」と「精神的なアプローチ」の2つです。

 

女性に安心感を与える方法1:頭をなでる(肉体的なアプローチ)

女性と繋がっている時、特に正常位でお互いの顔を向かい合わせる時に、頭を撫でてあげることは多くの女性にとって有効です。普段だと髪の毛が乱れることを嫌って頭を撫でられるのが苦手という女性もいたりしますが、セックスの時に髪が乱れることを気にする女性はあまり多くないでしょう。

頭をなでながら、目を覗き込んであげたりすると、「きちんと自分のことを見てくれているな」という印象を与えやすくなります。

 

女性に安心感を与える方法2:手をつなぐ(肉体的なアプローチ)

正常位や騎乗位の時に、ただ腰を掴んでいたりベッドをおさえるだけの男性がいますが、これはもったいないです。これは女性に性欲処理扱いされているような印象を与えることも少なくありません。

正常位や騎乗位の時に、手の平を合わせて優しく握ったり、バックの時に手の甲を上から包んで上げたりすると、安心感を与えやすいです。

 

女性に安心感を与える方法3:身体を優しく抱きかかえる(肉体的なアプローチ)

女性の体位を変えたり、膣の奥を責めたりする時に、女性を抱きかかえる時がありますね。その時に、めり込むような指の力はなるべくかけてはいけません。手の平全体に圧力を分散させて、部分的な刺激が少なくなるように、全体で包み込むようにします。

急な体勢の変更や強い刺激は避け、ゆっくりと柔らかい刺激が基本になります。

 

女性に安心感を与える方法4:耳元で優しい言葉をささやく(精神的なアプローチ)

セックスの最中無言の男性っていると思うんですが、とんでもないテクニックを持っていない限りは、何も話さないと女性の感度がダダ下がりになってしまいます。なので、要所要所で女性に対して何かしら語りかけなければいけません。

ちなみにこれは僕が使っている方法なのですが、別に嘘でもいいので、「愛してる」「今までで一番相性いい」「今まで一番満たされてる感じがする」「本当に気持ちいい」など、自分がすごく満足していることを伝えます。

シンプルに言ってしまえば、「私はこの人にとって、他の女の子と違って特別なんだ」と思わせるような発言をするということです。

実際、どんな女性としている時でも中に入れてしまえば、男性的には感度にほとんど差がないですが、そんなことは関係ないです。

こんなこと言っていると女性を騙してるように思うかもしれませんが、女性は僕のような男性とは違って賢いので、「そういうプレイなんだな」ということを割り切った上で、満たされた気持ちになってくれます(器用)。

 

まとめ

体験者さんに聞くと、実際に手を繋いだりしてくれる男性の数はそう多くないようです。バックで男性がついている時も、腰に手をあてるのではなく手を繋いで上げた方が、女性に安心感を与えることが出来ます。

なるべく女性と肉体的に密着している時間を増やすと同時に、会話でのコミュニケーションも欠かさない。これが女性とのセックスの満足度を高めるために最低限必要なことです。

当ブログでは主に東京都内での中イキ体験を行なっています。(ご希望であれば遠方にも出張します)

体験のお申込み・質問・相談などは以下からお願いします。
友だち追加